オクトーバーフェスト開催中 クラフトビール全品10%OFF!! 

NOVUM(ノヴム) マールボロ ピノノワール 2019 赤ワイン
NOVUM(ノヴム) マールボロ ピノノワール 2019 赤ワイン
NOVUM(ノヴム) マールボロ ピノノワール 2019 赤ワイン
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, NOVUM(ノヴム) マールボロ ピノノワール 2019 赤ワイン
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, NOVUM(ノヴム) マールボロ ピノノワール 2019 赤ワイン
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, NOVUM(ノヴム) マールボロ ピノノワール 2019 赤ワイン

NOVUM(ノヴム) マールボロ ピノノワール 2019 赤ワイン

通常価格
¥5,500
販売価格
¥5,500
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

『NOVUM(ノヴム)について』

ウィルとレイチェル夫妻により2016ヴィンテージを皮切りに極少量生産でワインのリリースを始めました。ウィルの父親はマールボロの草創期にあたる1977年に広大なヴィンヤードを取得し、当時のクラウディーベイの最初の葡萄の供給元として栽培に取り組み始めました。父の代で多くのヴィンヤードをクラウディーベイに譲渡する決断をしましたが、ウィルが引き継いだ今でも、40ヘクタールの優良なヴィンヤードを保有し葡萄栽培家としても活躍しています。

Novumに使用する葡萄は、特に状態の良い畑の中でも良品質に達したスイートスポットにあたる葡萄だけを選抜して収穫します。自社畑のみならずウィルの特別な友人関係からもスイートスポットの葡萄を提供してもらうヴィンテージもあります。

生産量を非常にタイトに抑え、使用する葡萄の品質に異常なまでのこだわりを哲学としています。一見、均一に見える同一畑内の葡萄でも、土壌は複雑に入り組み、葡萄樹にも個性があります。そこを厳密に選別する取り組みを貫いています。

ニュージーランドのフロムでキャリアをスタートしたウィルは、オーボンクリマでジム・クレネデンに5ヴィンテージに渡って師事した経験も持ちます。

MW(ワイン業界で名声のある資格)からも大きな注目を集め、国内販売分はメーリングリストにて完売。シラーに至っては販売開始からわずか3時間半で完売とワイン愛好家のファンが非常に多数。日本で飲むことが出来るのは幸運と言っても良いかも知れません。

『ノヴム マールボロ ピノノワール 2019』

深みのある紫がかったルビーレッド。ダークレッドベリーに乾燥ハーブ、ほのかにアーシーな香りが心地良く広がります。完熟チェリーやプラムのような果実感、スパイス感、そして旨味が高次元で凝縮されています。質感、余韻も共に素晴らしく、ノヴムに共通して感じるクリスタル感が、全ての味わいの要素を包み込むかのよう。

高密植を施して有機認証も受けているマールボロのサザンヴァレーのピノノワールを使用。マールボロエリアでは希少な粘土質を多く含む土壌でピノノワールの栽培に最も適した場所です。ヴィンヤード内のごく一部、特に秀逸なスイートスポットの葡萄のみをノヴムのために収穫します。

収穫後、除梗して開放発酵槽へ。自然酵母による発酵が始まる前に5日間の果皮との浸透。35日以上の果皮との発酵を経てプレス。新樽30%のフレンチオークのバリックに移して12カ月間の樽熟成を行いました。樽ごとの個性を慎重に見極めての最終的なワインブレンドを経てボトリング。

 産地:マールボロ

品種:ピノノワール100%

アルコール度数:12.5%

容量:750ml

飲み頃温度:16~18℃